よろず屋☆蓮さんのブログ

己の己による己のための占い&ヨガ

ハマってます。

f:id:uranairen:20190826184540p:plain


ひとりインド祭り開催中!!


ここのところインドのことが、もっともっと知りたくなって、この週末は梵字のお勉強と、ネティにチャレンジ。

 

鼻うがいことネティは、ヨガの6つの浄化法の一つで、食塩水(天然塩を入れたぬるま湯で、鼻孔を洗浄するもの。

f:id:uranairen:20190826174908j:plain

ヨーガ本質と実践 (ガイアブックス)より

 

 

 

 

 

ネティポットは、Amazonで簡単に手に入りました。

(現地だとめっちゃ安いんだろうな~)
ヨガの鼻洗浄器 ネティポット 樹脂製 軽量 (ホワイト)


早速ポットが届いたのでやってみました。

f:id:uranairen:20190826183628j:plain


最初はプールで、鼻に水が入ったときのようなツーンとした痛みはありましたが、反対の鼻の穴からドボドボと水が流れ終わった後は、鼻も頭もシャキーンとスッキリ。
ここのところ、クーラーで鼻の粘膜が乾燥していたので良い感じです。




次に梵字(ぼんじ)!

f:id:uranairen:20190826174007j:plain


今まで般若心経の写経は続けて来ましたが、梵字は初めて。まずは初歩的な本を購入してみたけど、結構書き順が難しいのね。

ところで、梵字って何?ですよね。梵字は、仏様を真言で表現したもので、真言とは、密教特有の呪文のようなもの。これらは、古代インドのサンスクリット語が起源だそうです。ところが、中国の陰陽五行思想とも結びついているそうで、八つの方角に十二支が示されるようになり、守り本尊(守護仏)なるものがあるんだとか。
へえ~~~


一般的には、自分の生まれた年の干支にしたがって、守護してくれる仏様が決まっているらしいのだけど、私はこれまで、不動明王を祀るお寺とご縁があったことや、先日紹介したインドの神様でシヴァ神がとてもカッコよかったので、不動明王の文字を練習しました。この本には、筆ペンが付いて来たけど、少し書きにくさを感じたので、カリグラフィーで使われるペンを購入してみました。

パイロット カラーペン パラレルペン P-FP-120R-24 ペン幅2.4mm

パイロット カラーペン パラレルペン P-FP-120R-24 ペン幅2.4mm

 

 

 

はい!そして、今日は、仕事から帰って、のんびりインド映画の「マダムインニューヨーク」という映画を観ました。

とても良い映画した。

 

 


映画『マダム・イン・ニューヨーク』予告編



主人公は、インドの良妻賢母、シャシ。まぁ!なんと彫りの深い美しい女性でしょう。シャシは、英語が全く話せません。なので、英語が話せる旦那と娘にバカにされ、悔しい思いをしているのだけど、ある日、ニューヨークに住むシャシのお姉さんから、姪っ子の結婚式に呼ばれ、一人でニューヨークへ行くことに。そして、結婚式の準備する間、ひょんなことから英会話教室に通うようになり、映画の最後には、バカにしていた旦那や娘の前で、英語で簡単なスピーチができるようになるという内容で、久々に私も英語のお勉強を復活させたくなっちゃいました。

この映画の中で、印象的だったシーンが2つ。

主人公シャシが、英語のDVDを観ながら勉強していると、『judge mental』という言葉が気になり、その意味を確認しにいく場面。

この映画では、『judge mental』を「決めつけないで」と訳しているのだけど、この映画で言いたいことが、まさにこれだろうなと思ったから。

そして、新郎新婦に向けてのスピーチの場面。夫婦とはいえ、互いの気持ちを見失う時があるが、でもそんな時こそ、「自分で自分を助ける時よ」
「自分を助ける最良の人は自分」と言っているシャシがとてもカッコよかった。

そして、この2つの場面、なんかヨガっぽいな〜と思いました。


ところで、このブログを書きながら、ウィキを見てたら、主人公のシャシ(シュリデヴィ・カプール)は、なんと!!!私とほぼ同い年!

ガーーーン!!


「年だから、老けるのは仕方ない」という言い訳はもう通用しないってことよね。


さらに彼女は、昨年54才という若さで亡くなってて、もうなんと言っていいのやら・・
残念としか言いようがない。