よろず屋☆蓮さんのブログ

己の己による己のための占い&ヨガ

マントラ唱えて本能の赴くまま地に足つけて生きるのだ!

今回ヨガのイントラになろうと決心したのは
 
以前からやってみたかったからですが
 
手術後、占いについていろいろ
 
考える時間があった時に
 
とある方のブログを読んでいたら
 
占いを学ぶ上で
 
哲学や仏教など

しっかり勉強した方がいいと
 
おっしゃっていました。
 
そして今、
 
その意味が
 
わかってきました。←まだまだなんだけど。
 
最初は、難しいのかな〜と
 
おっかなびっくりで

読み始めたヨガ哲学や仏教ですが
 
簡単な本から読み始めてみたら
 
面白い!!
 
これまで、自己啓発本など読んできましたが
 
仏教やヨガ哲学を学んでしまったら
 
必要なくなると思います。
 
たぶんもっともっと学んでいけば
 
生活も考え方もよりシンプルなものに
 
なっていくんだろうと思います。
 
 
 
 

f:id:uranairen:20190506115420j:plain

f:id:uranairen:20190506115432j:plain

 

f:id:uranairen:20190506115516j:plain

f:id:uranairen:20190506115556j:plain

 
 
 
先日、私が住む名古屋市に

チベット寺院「強巴林」チャンバリン

あったので、早速行ってみました。
 
お天気もよく

とても静かな寺院で
 
心穏やかな気持ちになりました。
 
 
 
寺院の入り口には、大きなマントラがあって

ヨーガのマントラとは違いますが
 
「オンマニ ペメフン」と唱えるよう
 
書いてあったので
 
ぐるぐるマニ車を回してきましたよ。
 
 さて、今日はヨーガのマントラについて。
 
 
インテグラル・ヨーガ (パタンジャリのヨーガ・スートラ)

インテグラル・ヨーガ (パタンジャリのヨーガ・スートラ)

 

 

 
マントラを絶えず唱えることに
よって、心の一部がそれに繋がれる。
それはちょうど、命綱を腰に巻き、もう一方の端を
外部の杭に固定して、穴の中へ降りていくようなものだ。
そうしておけば何かの危険に出くわしても、ロープを
ちょっと有するだけで引き上げてもらうことができる。
 
それと同じで、あなたは心のある部分を
マントラによって<神>につなぎとめ、同時に
他の部分で世俗の営みに励むのだ。
 
自分の欲しい真珠のすべてを集めるために、このこの世の
懐深く飛び込んで名誉や名声、金銭、地位、友人その他、何でも
自分の好きなものを求めて。
 
ロープを手放さない限り
それらのものを遠ざけておく必要は全くない。
 
思慮深い登山家と言うものは、まずそのことに注意を払う。
 
ロープを何度も引っ張って、その強さまで確かめる。
 
そうして全てを確認してから、ようやく登り始める。
ところが現実ときたらどうだろう?
ほとんどの人はおよそロープのことなど考えても見ない。
それは自分と主すなわち宇宙の力つなぐ黄金の綱だと言うのに・・・。
 

 

 
 
 
何が正しいかなんて誰も
 
わからない世の中で
 
何を信じて生きていくのか?
 
心が波打ったり、不安になる時
 
自分が信じるものを持つことは

とても大事。
 
マントラを唱えていれば・・
 
つまり、どこか心の奥深いところで、見えない力と
 
繋がっているという意識を持てれば
 
現実の世界で、自分の欲望や本能の向くまま
 
人生を歩んでいいんだよ!ということを
 
この文で、再確認。
 
よっしゃーーー!!
 
今日も頑張ろう!