占術師☆蓮さんのブログ

心の葛藤をときほぐす

インドでは、占星術が生活の中に溶け込んでいたという事実

        f:id:uranairen:20190505142624j:plain

           ガネーシャ              

 

先日、アマゾンで本を検索していたら
 
27年前に書かれた「占星術師たちのインド」という本が
 

     f:id:uranairen:20190505142922j:plain

目に入り、面白そうだったのでポチってみました。
 
作者は矢野道雄さんというインド天文学の
 
研究をされている方です。
 
 
 
前半の内容は
 
1991年頃、当時は最新であったであろう
 
IBMのラップトップPCを抱えて、暦と
 
インド占星術の文献と実態調査のために
 
北インドを訪ねた時の
 
出来事などが語られています。
 
後半の内容は、インド占星術について
 
語られていて
 
東洋占星術と
 
タロット&ジオマンシーしか
 
わからない私には
 
ちんぷんかんぷんでした。
 
でもしっかり読んで
 
インド占星術も浅く勉強してみようかと
 
思います。笑
 
 
 
 
 
この本によれば
 
インドでは、占星術が生活の中でとても大きな役割を
 
持っているそうで
 
 
 
作者がインドに行った当時は、まだ恋愛結婚は
 
普通ではなく
 
親や親戚が決めるものだったようです。
 
 
しかも結婚に際して
 
ホロスコープが重視されていたという
 
ことに驚愕!!!
 
 
 
さらに
 
結婚相手を探す手段として、新聞広告を
 
使っているという点です。
 
求人じゃなくて
 
求婚広告なの。
 
「Matrimonials」という言葉で
 
画像検索するとたくさん出てきます。
 
うっそおおおおん∑(゚Д゚)
 
最初は、27年も前のことだからね。
 
と思っていたが
 
ネットを調べていたら
 
Times of India の日曜版には
 
「花嫁求む!」「花婿求む!」と
 
あるじゃないですか
 
しかもその求婚広告には、相手の
 
年齢や学歴、職業、カーストだけでなく
 
自分の誕生星なども書かれていたり
 
ホロスコープを
 
求められることもあるようで
 
今でもインドの人にとって、占いは
 
日常に溶け込んでいるようで、本当に驚きました。
 
 
 
占いで良い相性だと

自分の脳に思い込ませることが
 
できれば
 
未来が変わっていくのかもしれないね。
 
 
それと、これを読んでいて
 
結婚する若者が減ってしまった日本でも
 
婚活イベントなどで占いを用いるのも
 
ありだな〜と思いました。
 
相性が良いと言われたら
 
なんとも思っていなかった
 
目の前の相手を見て
 
意識すると思うし
 
きっかけは大事だからね。
 
とはいえ、なかなか日本では浸透しないだろうな〜

 

占星術師たちのインド―暦と占いの文化 (中公新書 (1084))

占星術師たちのインド―暦と占いの文化 (中公新書 (1084))