占術師☆蓮さんのブログ

心の葛藤をときほぐす

占術師、名乗ってみたけど・・・

   f:id:uranairen:20190228191051j:plain
   熱田神宮 樹齢1000年以上の大楠
 
 
 
 
前回でもお伝えした通り、占いを学び始めた頃の私は
 
占いに盲信していたのだけど
 
学べば学ぶほど、占いに対して
 
疑問が生まれた。
 
でもその時は、自分が占いをきちんと
 
理解しきれていないからだと思っていた。
 
だから、多くの人を占って
 
経験を重ねていけば
 
その疑問は、いつか答えが出るはずだと思い
 
昨年、このサイトを立ち上げ、占ってきた。
 
 
ところが、それと同時に
 
昨年は、
 
私の母の危篤
 
旦那の前立腺手術
 
旦那の転勤の辞令
 
引越し
 
息子を東京に残し、母の役目は強制終了。
 
度重なる出来事。
 
そういう年齢なのだろうけど
 
 
追い打ちをかけるように
 
年末、癌を疑われての手術。
 
もう何がなんだか
 
これがきっかけで
 
自分の死生観って?
 
人生って何だろう
 
そもそも私が学んできた占いって?
 
私にとって趣味なの?仕事なの?
 
過去の占いに対する疑問も払拭できていないのに
 
私はこの先も誰かを占っていいんだろうか?
 
商売として割り切って、占い師を名乗る?
 
私にはそれはできない。
 
ブログは、続けたいけど、
 
こんなあやふやな気持ちで
 
占いのブログなんて書けない。
 
さて、どうしたものか・・・
 
ところがある日、その日は訪れた。
 
 
過去、占いに疑問を持った頃に見つけた
 
とあるブログ。
 
当時は、こんな考え方もあるんだな〜としか
 
思わなかったが
 
Evernoteを整理していたら
 
そのブログのURLがメモとして残っていて
 
なんのURLだったっけ?
 
必要なければ捨ててしまうつもりでクリックしてみた。
 
そしたら
 
ずっとずっと疑問に感じていた答えが
 
そこにあった。
 
あの時、このブログを読んでも
 
その凄さに気づけなかったのは
 
まだそれを受け止めるだけの
 
器がなかったのだと思う。
 
 
 
「求めよさらば与えられん」
 
 

 


求めてきてよかった。😢
 
おかげで、これからの占いとの
 
付き合い方が見えてきたので
 
これから少しずつ
 
土台を作っていこうと思います。
 
焦らず、ゆっくりでも続けていきます。