占術師☆蓮さんのブログ

心の葛藤をときほぐす

明けましておめでとうございます。退院しました。

新年あけましておめでとうございます。

 

12/29退院して参りました。

 

今回、手術前に頂いた

入院説明書に

病名は『卵巣癌の疑い』書かれていました。

    

   

卵巣の場合、MRICT画像によって

ある程度の予測はつきますが

子宮や他の臓器と違い

悪性か良性かは開腹し、病理検査で詳しく調べないと

判断が出来ません。

 

 

なので、術前に主治医からは

手術中、迅速検査で良性か悪性かをある程度

判断し、良性であれば

手術時間は3~4時間。

悪性であればリンパ節の切除などが

あり、8~9時間かかると説明を

受けました。

 

手術は、9時開始だったので

麻酔から目が覚めた時に

窓の外が明るければ

良性、または境界性悪性。

 

暗くなっていたら

それは悪性を意味します。

 

手術当日、麻酔をかけられ

すぐに意識を失いましたが

目がさめると

誰がおっしゃったのかわかりませんが

「良性でしたよ」と聞こえてきました。

 

旦那と息子からも

よかったよかったと安堵の声が聞こえ

 

意識が朦朧とし、酸素マスクもしていましたが

病室の窓の外の方を見ると

明るくて・・・

今までの不安な気持ちが込み上げてきて

涙がこぼれました。