読書

不安を煽るビジネスがあることを理解する。

昨年末あたりから、まぶたが うっすらと赤く腫れ、 時折痒みがあったけど、それほど 目立たなかったので、だらだらと 一年放置。 元々乾燥肌なので、それが原因かも と思い、iHerbというサイトで、 保湿力の高い Aveeno, スキンリリーフ モイスチャライジン…

ヨガの教えと瞑想 岡本直人 著

ヨガ哲学や仏教で学んだことは、「心を制御する」こと。 「心」とは、人の欲望であったり、思考や感情をさすのですが、 日常生活で、欲望や思考がなければ生きていくことができません。 食欲も物欲も性欲もなくてはならない欲望ですし、 思考もまわりの事態…

「生くる」執行草舟 著 

pixabay 読書は、1冊読み終わると、次に読む本を探しにAmazonへ行く。でも最近、同じような本を勧められるので(検索する言葉が原因なんだけどね)、今回はInstagramで#読書を検索してみました。 InstagramやPinterestは、視覚から入ってきて、直感で本を…

続くかな?シリーズ 「われら、インテリ集団~諸子百家」

今日のお題は、「諸子百家」。 東洋占星術を学んでいる人なら、ご存知の方も多いと思います。 私も占いを学んできておりますが、「中国思想の先生方」程度の理解です。(爆) でも、もう少し深掘りしておいた方が、この先の学びに役立つと思い、今日もユル〜…

「もしも人生をやりなおせるなら」ナディーン・ステア著

私が小学生の頃、仲良くなったKちゃんは、私と違って、とても品のある女の子。ある日、一緒に遊んでいると、習い事があるから早く帰るというので、どんな習い事か気になり、彼女の後をついて行くことに。 着いた場所はバレエ教室。 そのとき、私はその教室の…

読書は他人の脳とのつながり?

私は、自分に教養がないことが、ずっとコンプレックスでした。 結婚後、これを克服しようと、レポートの書き方すらわからないのに、通信制のある大学に入学し、なんとか6年(途中出産)をかけて卒業しました。 ところが、卒業すれば、このコンプレックスと…

未来キターーーー\(^o^)/第2弾〜老後の準備は、VRで決まり。

はい、こんにちは。一昨日あたりから秋を飛び越えていきなり冬到来?四季が自慢の日本でしたが、春と秋がやけに短い気がします。これも温暖化が原因なのでしょうか。さて、今日のテーマは、「未来キターーーー\(^o^)/第2弾」です。なんと我が家に3つ目の…

「隠れ貧困」 荻原博子 著

仏教やヨガ哲学などの本を少しずつ読み始めて、何が変わったかというと、対人関係で悩むことがだいぶ減りました。これは自分にとって、心の革命といえます。ですが、ことお金に関しては、執着や、不安は、なかなか消せません。だって、生活がかかってますか…

「直感力を養う〜 坐禅断食」野口法蔵 著

pixabay 今日の課題図書は「直感力を養う〜坐禅断食」野口法蔵 著です。 「ポツンと一軒家」という番組がある。そこに時折登場するたった一人で生活する住人、その姿はまさに仙人。この本にもそんなひとりが登場する。著者によれば、深い谷にあるその家は、…

「LIFE SPAN〜老いなき世界」やっぱり腹ぺこが重要だってよ。

日本で現在生まれた子供の半数は、107歳以上生きると推計されているそうです。実際厚生労働省のホームページにもこれと同じ文言が書いてありました。CMでも人生100年時代なんて言われるようになったけど、本当に私たちがそこまで生きることは可能なんだろ…

奇跡が起こる半日断食 甲田光雄 著

以前、友人から断食に行こうと誘われたのですが、私は、お腹が空き過ぎると手が震えてきたり、軽い風邪のような症状が起こることがあり、お断りをしておりました。ですが、私もすごく興味があったので、断食道場のような場所で本格的にやらなくても、無理せ…

人間の頂 野口法蔵 著

今日、紹介する本は、以前このブログで紹介した「これでいいのだ」という本の著者、野口法蔵さんの「人間の頂」という本です。ヨガのお勉強を始めたばかりの頃に出会いました。 この野口宝蔵さんは現在、座禅断食の指導にあたる臨済宗妙心寺派の僧侶。この本…

「もたない暮らし」の始め方 Riamo* 著

先日、美容室で読もうとKindleunlimitedからダウンロードした本がコチラ↓↓↓ 私は、この本の提案を普段から実行していて驚きました。おそらく、私は引越した回数が多いからだと思います。なぜ引越しをすると、もたない暮らしができるようになるかというと、引…

終末のフール 伊坂幸太郎 著

pixabay 近い将来、小惑星が落ちてきて人類滅亡?!そんな想像したことはありませんか?私が若い頃は、日本沈没というドラマや、ノストラダムスの大予言などがが大流行したこともあり、怖くなり眠れなくなったことがあります。 現在、把握できている小惑星は…

梅原猛の仏教の授業「法然・親鸞・一遍」

最近本屋へ出かけると、「死」をテーマにした本が多く並んでいて、驚きます。おそらく団塊世代の多くの方々がこのテーマに興味を持つようになったからではないかと思います。 今回ご紹介する梅原猛先生の「仏教の授業 法然・親鸞・一遍」は、ひと言でいうと…

占いと水野南北

算命学の智恵(4)より 今から三十年ほど前になろうかと 思います。神保町の古本屋で 水野南北の書いた「南北相法」と 出会いました。 それまでは算命学の 干支の暗示する世界、 またそれを読み取る技術にのみ 没頭していました。 ある時、高尾宗家より 「…

江戸時代の少食主義 岩井朝彦 著

先日、ニュースで、 中国の習近平国家主席が、 中国の「食べ残し文化」に対して 心を痛め 節約を励行し、浪費を反対せよ と、発言したと報道されていました。 diamond.jp そもそも「食べ残し文化」って? 中国では、お客さまをもてなす際、 食べられる量より…

問い!疑い!破壊し、ふたたび作り直す。

今日は、あまり聴き馴染みの ない「維摩教(ゆいま)」 という経典のおはなしです。 課題図書は 「維摩教」〜100分de名著 釈徹宗 著 この本を知ったのは、仏教について 調べていた時にあるブロガーさんが とても面白いとおっしゃっていたので、 手にしてみた…

ふたたび占いを考えた

pixabay 占いを続けてみて、 疑問を抱くようになり、 ヨガ哲学や仏教を 学んでいるうちに 占いは、恋愛運や 仕事運などを占うもの ではないことに気づいた。 かといって、占いは悪いもの なのか? これに対して、 これまでうまく言葉に できず、モヤモヤ し…

常識は変化するもの。

電車の中でタバコが吸えた。 1ドル360円 電車のトイレは線路に垂れ流し 飛行機でタバコが吸えた 駅のホーム痰壷が置いてあった。 部活中に水を飲んではいけない。 ヘルメット不要でバイクに乗れた。 子供でもお酒やタバコが買えた。 職員室で先生がタバコを…

悩みの原因は何なのか?

多くの人は、妄想で苦しんでいます。 「妄想」をWikipediaで、調べると、 その文化において共有されない 誤った確信のこと。妄想を持つ 本人はその考えが妄想であるとは 認識できない場合が多い。 そして、妄想の内容や 程度には、個人差が大きいとも ありま…

「病気にならない整体学」宮川眞人 著

私が過去に占いに対して 疑問を抱いたとき、 この人は、こういう タイプだとかの線引きが どうしても受け入れ られなくて、悩んだ 時期がある。 なので、カラダに対しても、 このタイプは、 ガンになりやすいとか、 心筋梗塞になりやすい など言われてしまう…

「輪廻転生」について考えてみた。

pixabay 子育てもひと段落し、 夫婦二人で過ごすように なると、平均寿命が 80歳として、残り 30年近くあるとしても、 あ〜そろそろ この世を去る時が 近づいているんだと、 誰にも言わないけど、 ふと、思う。 そして、仏教やヨガを 学ぶようになって …

このカラダは自分が作りあげたもの

私が、周囲の人に 腰痛や膝に痛みが あってもヨガや 筋トレで、治していると 伝えると、必ず返って くるのが 「病院に行かないで 腰痛って治るの?」 という言葉です。 確かに腰痛になったら、 病院に行くのが普通。 ヨガを始める前までは 私もそう思ってい…

溌剌と動いた者にのみ深い眠りがある。「体壁」野口晴哉 著

心も体も健康でありたい。 とはいえ、更年期を迎える 年齢になると、突然何が あってもおかしくない。 じつはうちの旦那さんが、 先週腸閉塞で、 手術をすることになり、 バタバタしておりました。 本来なら、開腹手術をしている 私がなりやすい病気。 なの…

「グラスホッパー」伊坂幸太郎 著

暑くなりましたね。 私は仕事中、マスクは必須。 冷房が効いている職場とはいえ、 激しい肉体労働なので、 コロナにかかる心配より、 熱中症にならないか心配。 さて、ここのところ、 哲学、宗教、占いに 特化した本をチョイスして きましたが、私が苦手とす…

中途半端ぐらいがちょうどいい?

pixabay 「水の巡礼 」田口 ランディ 著 この美しい場所に救いを求め、 熱烈に愛してしまう人たちが いることを私は理解できる。 そうだろうと思う。 だけど、私は違うのだった。 なぜだろう。 私も天河が好きになった。 でも、やっぱり「生半可」 なのであ…

「パピオン」死と看取りへの旅 田口ランディ著

Pixabay 「逆さに吊るされた男 」という本が 以前から気になっていました。 私は、オウム真理教では ないけれど、 過去、カルト教団に 入信していたことがあるから。 Kindleで、サンプルを読んで みると、とても読みやすく、 興味深い内容でした。 早速ポチ…

「無理の構造」 細谷功 著 耳がイタタタタ

今日とある記事を読んでいたら、 冬眠をしない動物に、 コチョコチョと特定の細胞を いじる実験をしたら、 なんと!!冬眠させることに 成功したそうだよ。 難しい病気にかかっても その薬が開発されるまで、 冬眠するなんていう、昔見た SF映画のような未来…

四柱推命の謎と真実より〜陰陽循環を学ぶ

毎日当たり前のように 規則的に 太陽はのぼり、 沈んでいく、 すると月が現れ、 また消えていく。 私の1日も 当たり前のように 朝が来て、 夜を迎え 静かに眠る。 この素晴らしい循環。 今日は、以前にも 何度かこのブログで紹介している 「四柱推命と謎と…