よろず屋☆蓮さんのブログ

己の己による己のための占い&ヨガ

六十干支は、なぜ甲子始まりなの?

pixabay 連日、台風19号の被害に遭われた方々の映像が毎日テレビで放送されているのを見て、胸が苦しくなりますね。なので、少ないですが、貯まったナナコポイントで募金しました。今は、わざわざ銀行に行かなくてもスマホで送金できたり、貯めたポイントを…

骨盤占いかと思った。

ブログの更新サボっておりました。というのも腰が重くて、とてもPCに向かう気になれなかったから。でも今はだいぶ良くなったのと、本は読むことが出来るので、家にある身体に関する本を再読しています。 実は、過去に副業でタイ古式マッサージをやっていたこ…

ビギナーズ 日本の思想 空海『三教指帰』

ご存知の通り算命学は、道教の中の神仙思想が土台となった中国に発祥した干支暦を元に、人を占う中国占星術で、陰陽五行を基本とした学問、帝王学と言われていますが、そもそも道教って?算命学を勉強してきたのにそれも知らないの?!(◎_◎;)台湾で、道教の…

「池上彰と考える、仏教って何ですか?」

最近、ヨーガを学ぶようになって、仏教やインドなど、いろいろ興味が広がっています。知足という「足ることを知る」教えに背いているような気がしますが、人間、欠けているものほど、手に入れたくなるもの。私は欲深いので、まだまだ修行が必要なようです。 …

「ガンジス河でバタフライ」いい本だった〜

最近、インドに興味を持ち始めて、インド映画のランキングサイトやインド旅行を体験した人たちのブログを覗いていたら、本の表紙が、あまりに衝撃的だったので、好奇心をくすぐられ、早速Amazonでポチり。何が衝撃的かというと、女性でありながらガンジス河…

今日のお題は「暗示」について

このブログって、占いのブログだったよね? そうなのよ。今もこのブログへのアクセスのほとんどが、算命学や占いというキーワードで検索してきた人ばかり。 でも現在の私は、ヨガ哲学や仏教など学ぶことの方が楽しくなってしまって、それどころじゃない。そ…

まだまだ続くよ!ひとりインド祭り

はーい!8月が終わってしまいましたね。8月1日に父が重度の熱中症で入院しましたが、8月31日に無事退院しました。ホッひと月も入院していたので、筋肉が落ちて、体重も5キロ減ってしまったので、リハビリしないといけないので、これからも実家と名古屋…

アーミル・カーンの歌と踊りが見たいだけでしょ?

今日は、本業が忙しすぎてクタクタなので、ゆる〜〜〜くただただアーミル・カーンの出演映画の紹介と、その歌と踊りを集めて楽しみたいと思います。 アーミル・カーンの歌と踊りが見たいだけでしょ? そうかも(๑>◡<๑)テへ9/11、インドの国宝と呼ばれる彼が、…

ハマってます。

ひとりインド祭り開催中!!ここのところインドのことが、もっともっと知りたくなって、この週末は梵字のお勉強と、ネティにチャレンジ。 鼻うがいことネティは、ヨガの6つの浄化法の一つで、食塩水(天然塩を入れたぬるま湯で、鼻孔を洗浄するもの。 ヨー…

自分とは何か?を考えてみたら、やっぱりややこしくなった。

先日も報告しましたが、息子の就活も終わり、社会人になったらなかなか親子で旅行なんて、行けないだろうからと、マレーシアに行ってきました。 親子水入らず、ホーカーで酒を酌み交わしながら近況報告をしていたら、息子が「俺ってどんな人間かな?占い抜き…

インド神話が気になって調べたら、ニヤニヤが止まらないんですけど。

ヨガのお勉強を始めて、バガヴァッドギーター、そしてインド神話に興味が湧いてきた。ところが、登場人物の神様がやたら多くてチンプンカンプン。しかも苦手なカタカナ読み。そこで手にした本がこちら↓ いちばんわかりやすい インド神話 (じっぴコンパクト新…

「これでいいのだ!」自己の意識を自由に操る言葉

こんにちは。 先日、父が熱中症で救急車に運ばれたと報告しておりましたが、あれから容態が急変し、急性腎不全に。救急車で運ばれた病院では、透析が出来ないので、急遽大きな病院へ転院して、ICUで透析治療をすることになりました。そして4日間、透析治療…

私のクヨクヨしなくなる魔法の言葉

なんでこんなミスしたんだろう。 一人になって、クヨクヨ考えちゃう人って、たくさんいるのではないでしょうか? これって失敗だけじゃなく 彼からフラれた。 忘れたい出来事があった。 などなど・・・ 過去のことをクヨクヨ考えても仕方ないとわかってはい…

高齢者の熱中症〜健康自慢の父でさえ

いや~毎日暑いですね。実は、私の父が重度の熱中症で救急車に運ばれました。 今週に入って、父は、新しいクーラーに買い替えたのですが、リモコン操作がわからないまま使用していた為、直に風が当たって風邪をひいてしまったようでした。 父が、近所の病院…

「奇跡の脳」を読んだら、占いと共通点があったというおはなし

最近「奇跡の脳」という本を読んだ。 奇跡の脳―脳科学者の脳が壊れたとき (新潮文庫) 作者: ジル・ボルトテイラー,Jill Bolte Taylor,竹内薫 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2012/03/28 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 9回 この商品を含むブログ (15…