占術師☆蓮さんのブログ

タロット&算命学で自分の価値に気づく

不安を原動力に!

お久しぶりです。

ぎっくり腰をやってしまって

参りました。

だいぶ楽になったものの

まだ油断はできません。

なので、椅子の代わりに

バランスボール(75cm)を使っています。

ほんとお尻に優しい。

 

さて、タロットカード1枚引きで

今朝引いたカードが「月」

不安、恐れ、心配など意味しますね。

 

今日はその1枚と算命学の司禄星という星が

結びついたので「不安」をテーマにして

みたいと思います。

 

そもそも人間には「不安」という感情は

標準装備として備わっているものです。

なければ、危険なことばかり

して、こうして人類が

生き残っていないかも

しれませんしね。

 

とはいえ、不安の感じ方も

人それぞれ強弱があるので

算命学を通して考えてみたいと

思います。

 

 

今回不安=司禄星が浮かんだ理由は
以前、算命学の先生から
司禄星を活かすなら、その人を
不安にさせるといいと
聞きました。
 なぜか?
不安になればなるほど、司禄星の皆さんは
未来に備え、行動をするからだそうです。
 
正直、その時は
占って不安にさせちゃ
ダメでしょ?
と思いましたが
 
今なら、その意味がわかります。
 
 
 この司禄星を持つ有名人は
主星に持つ人・・・孫正義さん、高城剛さん
         登山家の三浦雄一郎さん
 
主星以外に司禄星がある人
ネット界隈で知らない人はいない
イケハヤさん、ホリエモンさん
 
そして元セブン&アイHD 代表取締役 鈴木敏文さん
 
 
どんな人選?と笑われそうだけど
私がこれまで興味を持った方々です。
 
司禄星の広く知られている意味として
「収集」「蓄積」「整理整頓」「庶民的」
「地味」「損を嫌う」です。
 
実は、算命学のお勉強を
始めた当時
興味を持った方々の
イメージがこれらのワードと
結びつかなかったのです。
特に主星に持つ御三方。
 
でもある時
不安を持つことは
未来を見据えて
コツコツと準備をすること。
不安は、成功への原動力なんだと
気づきました。
 
つまり、司禄星は不安&準備の人
 
なるほどこれなら
先生がなぜ不安にさせるといいと
言ったのかわかりました。
 
孫さんも高城さんも三浦さんも
起業への不安が戦略を練る時間を生み
未来への不安が情報をかき集める行動を生み
失敗(死)の不安が強靭な肉体を生み出す
 
司禄星は土性の質なので土生金とうまく流れれば
攻撃・行動という金性の質になり
不安&準備→行動という流れが生まれます。
 
この「行動」なくして成功はあり得ません。
だから、あなたが今、不安だったとしても
そのままにしていてはもったいない。
その不安こそが
成功への原動力になることは
間違ありません。
 
あなたは、今どんなことに不安になって
いますか?