占術師☆蓮さんのブログ

タロット&算命学で自分の価値に気づく

【結婚したい!】まずは自分を知ること

     f:id:uranairen:20180603131359j:plain

 

5年前にオンライン英会話で知り合った
 
フィリピンの先生から
 
メールが届きました。
 
彼女とは、プライベートでも
 
LINEを使って
 
仲良くさせていただいています。
 
彼女は、一昨年
 
マッチングサイトで知り合った
 
アメリカ人と結婚したいと相談してきました。
 
彼女は、過去にもアメリカ人と
 
お付き合いしていましたが、うまく
 
まとまらず、落ち込んでいたので
 
私は、遠くの人ではなく、もっと身近に
 
あなたに思いを寄せてる人がいるはずよと
 
言ったところ
 
長く付き合った男性がいて
 
今も度々、彼から連絡があるけど
 
フィリピンの男性ではダメだと言います。
 
そして、今度こそは大丈夫というので
 
アメリカ人との相性をみることになりました。
 
 
今回は恋愛対象ではなく
 
結婚相手として判断しますので
 
お互いの西の場所をみます。

     f:id:uranairen:20180603131907p:plain

             先生

     f:id:uranairen:20180603131917p:plain

          アメリカ人の彼
 
彼女は西に龍高星で、好奇心の強い
 
個性的な男性が好き。
 
龍高星は海外の星と呼ばれているので
 
海外の人に目が行くのも無理はないですね。
 
一方、アメリカ人の彼のタイプは、貫索星。
 
意志の強い、自立心のある女性がタイプ。
 
彼女は、ひとつも貫索星はないのですが
 
石門星(同じ木性)が2個ありますから
 
貫索星と同じ意味を持つので◎
 

               f:id:uranairen:20180603132239j:plain

 
行動領域も重なりがあり
 
 
なかなかいい相性ですよ。
 
男性の陽占をみると、車騎星、貫索星があり
 
まっすぐで、男気なイメージになりますが
 
天貴星が2つで、実際は子供っぽく
 
女性に甘えてしまうところがあります。
 
 
次に彼女の陽占を見てみましょう。
 
頼りない男性のようだし
 
他国へ嫁ぐとなると
 
苦労も絶えないのでは?
 
ちょっと心配でしたが
 
彼女は、天将星、天南星と最身強となり、頼られても
 
しっかり受け止められる器がありますので
 
問題ありません。
 
むしろ彼女にとってはこれだけのエネルギーを
 
消化するにはちょうどいいのかもしれません。
 
そして、この相談を受けたのが一昨年。
 
彼女から、「私たち結婚のタイミングを
 
考えているんだけど
 
できればすぐにでも結婚したい!!
 
いつがいいかしら?💕」と聞かれたので
 
2018年の6月はどう?
 
彼女と彼にとっても大半会となり
 
彼にとっては律音の年でもあります。
 
心が揺れ動く年にはなるけど
 
異国の人を受け入れるという事は
 
今までとは全く違う生活や環境になることや
 
律音の年に新しいことを始めると
 
運が味方すると言われています。
 
結婚は、二人にとって、新しい
 
門出になるのだから
 
きっと運が味方してくれるはず。
 
なので、その時はもう少し待ってと
 
伝えました。
 
そして昨年末、Facebook
 
彼からプロポーズされたと
 
彼女が投稿していたので喜んでおりました。
 
そして昨日、LINEで「蓮さん元気ですか?」と
 
聞いてきたので、もしや?と思い
 
「もしかしてgood newsじゃない?」と言ったら
 
「Yes!!私たち結婚しました。蓮さんから
 
言われてた6月に!!🎉🎉🎉」
 
なんて嬉しい報告でしょう。
 
私はずっと彼女の幸せを願っていました。
 
ほんとに涙です。
 
彼女は常日頃、自分の食事代を削って
 
お給料のほとんどを実家の両親に仕送り
 
するような女性です。
 
そして、生きることにとても真剣。
 
彼女は私よりずっと年下だけど
 
いろんな意味で勉強させてもらいました。
 
そんな嬉しい報告を受けた後に
 
「結婚したいんですけど
 
どうしたらいいですか?」と
 
ご相談を受けました。
 
 
きっとこの方のように結婚願望は
 
あるけどどうしたらいいかわからないという
 
女性は多いと思います。
 
でも私の友人である
 
フィリピン人の彼女は自分から
 
マッチングサイトに登録して相手を探しました。
 
そして、このアメリカ人女性の
 
プレゼンテーションをみてください。
(素晴らしい結果が待っています。)
 

digitalcast.jp

この方も
 
とても積極的ですし、自分にとって
 
大切なことは何かを自問自答し
 
結婚相手に求めている条件を
 
明確にしていることです。
 
「I decided instead to ask/ my own questions.」
 
つまり、結婚相手に何を求めるかは
 
自分を知る行為が必要なんです。
 
 
 
長くなりましたが
 
何が言いたいかといいますと
 
私が学んできた算命学は
 
「自分自身を知る」ツールとして
 
とても有効です。
 
自分で自分を知るなんて無理💦という方
 
今なら無料で鑑定しておりますので
 
是非お試しください。